活動報告

北海道・東北六県議会議員セミナー

CIMG2710.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  去る1月12日に仙台において地域主権改革・広域連携に関する北海道・東北六県議会議員セミナーが7道県議会議長会主催で開催され各道県議会員約130名参加しました。

 第1部で前総務大臣の原口代議士の「地域主権改革に果たす地方公共団体の役割と広域連携」と題した基調講演をいただき、第2部は原口前大臣の他、時村忠内閣府地域主権戦略室参事官、佐藤健大分県総務部長、佐々木一栄岩手県議会議長、佐貝全健山形県議会議長をパネリストに畠山和純宮城県議会議長のコーディネーターで「権限委譲に伴う県行政の役割と変化と広域連携の方向性」と題し、パネルディスカッションを行いその後参加者よりの意見交換を行いました。

 国と地方の役割・仕組みを変えていく改革を推進していくのは共通認識とし、今後も継続して議論を続けていくことを確認しました。